相続・遺言・裁判・債務整理・不動産登記・法人登記・成年後見・事業継承など、田近淳司法書士事務所にご相談ください。

あなたの街の法律家「田近司法事務所」

お問い
合わせ
電話
アクセス

相続手続きサポート

相続手続きが必要な方へ

相続が始まったら、以下の3点を速やかにご確認ください。「遺言書の有無」「遺産の内容」「相続人の確定」です。具体的に遺産を特定できなかったり、相続人が確定しないと、せっかくの遺産分割協議がやり直しになってしまったり、遺産分割協議が行えなくなったりしますので注意が必要です。

当事務所では、このようなことでお困りにならないよう、相続に欠かせない一切の手続きを代行いたします(遺産整理業務)。遺産の評価や、相続後に必要とされる不動産の名義変更、あるいは売買業者のご紹介などもパッケージされていますので、安心してご一任ください。詳しくは「オプションサービス」をご覧ください。

ご相談の流れ

無料相談

初回の相談は無料で承ります。まずは、相続全体のフローについてご説明した上で、ご自身でも行える手続きのご案内と、専門家に依頼した方が確実なサポート内容をアドバイスいたします。そのほか、ご不明点や希望される項目がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

ご依頼

費用と内容についてご納得いただけたら、委任契約を締結します。

各種調査

「公正証書遺言」の確認であれば、公証役場に照会をかければ、簡単に見つけ出すことができます。一方、「自筆証書遺言」の場合は、ご遺族の協力が欠かせないでしょう。まだ見つかっていないとしても、心当たりを伺わせてください。遺言書の有無

相続財産を調査し、目録を作成いたします。遺産については、万が一漏れがあったとしても、後で追加して分割することができます。ただし、相続税の申告後になりますと、修正申告や相続税の追加納付が生じる場合がありますので、注意が必要です。遺産内容の把握

戸籍謄本などを取得して相続人を確定していきます。人の場合は遺産と異なり、相続人が一人でも欠けると遺産分割が無効となりますので、くれぐれもご注意ください。相続人の確定

遺産分割協議書の作成

遺言書がない場合は、相続人全員が遺産分割案に合意したことの証として、「遺産分割協議書」を作成します。この書面は、故人の凍結口座を解約するときや不動産の相続登記などの場面で、提出を求められます。

各種名義変更

不動産の相続登記、銀行口座の名義変更・解約、株式など有価証券の名義変更・解約、生命保険の請求・受取りなどです。

田近司法書士事務所ならではの強み

すべての業務を一括して扱います

当事務所は、税理士、弁護士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、宅地建物取引士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士、公認会計士、弁理士などの専門家を必要に応じてコーディネイトしますので、相談窓口を一本化することができます。また、「相続診断士」の資格も有していますので、安心してご相談ください。

相続に強い専門家が対応します

当事務所では、相続や遺言手続きを15年以上代行してきました。そのなかで積み重ねられたノウハウは、決して形式的なものに限りません。さまざまな「人の想い」に添いながら、本当の満足を目指します。

FAQ

相談する際に持参したほうが良い書類はありますか

必ずご持参いただく必要がある書類はございません。ご家族が亡くなられて相続が発生している場合は、被相続人(亡くなられた方)名義の通帳や固定資産税評価証明書などをご持参いただくとより詳しくアドバイスをさせていただきます。

費用はどれぐらいかかりますか?

必ずご持参いただく必要がある書類はございません。ご家族が亡くなられて相続が発生している場合は、被相続人(亡くなられた方)名義の通帳や固定資産税評価証明書などをご持参いただくとより詳しくアドバイスをさせていただきます。

平日は仕事をしているので、平日の夜か土日祝日に相談したいのですが?

必ずご持参いただく必要がある書類はございません。ご家族が亡くなられて相続が発生している場合は、被相続人(亡くなられた方)名義の通帳や固定資産税評価証明書などをご持参いただくとより詳しくアドバイスをさせていただきます。

PAGE TOP